wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
“夫婦別性ヤジ問題”「卑怯」怒り心頭のテレ朝・平石アナに、ふかわりょうが驚き「焼酎飲んだ?」

AbemaTVがニュース番組『AbemaPrime』を平日夜9時から毎日生放送している。

■“夫婦別性ヤジ問題”に“セクハラヤジ”被害の塩村議員「自民党の体質何も変わってない」
「卑怯」怒り心頭のテレ朝・平石アナに、ふかわりょうが驚き「焼酎飲んだ?」


23日(木)夜9時からの『AbemaPrime』では22日に国会で、選択的夫婦別姓に関する代表質問が行われていた最中に、「だったら結婚しなくていい」という趣旨のヤジが飛んだとされる問題について、議論を展開した。

<関連 千原ジュニアが謝罪会見を絶賛>

番組では、フリーアナウンサーの柴田阿弥が「意外だったのは、ヤジが女性の声だったこと。まだ杉田水脈議員だったかは分からないにしても、私が意外だったのは女性から出たこと」と、驚きの声を上げた。これに対し、ゲストで出演した立憲民主党参議院議員の塩村あやかは、「2014年に私がヤジを受けた時から自民党の体質が何も変わってない。おかしい時はおかしいって言っていいと思いますが、個人の尊厳や多様性を否定するヤジは、絶対に飛ばしたらいけない」と語った。さらに、杉田議員に対して「誤解を恐れずに言うと、恐らく自身を支援してくれる方々に向けてのメッセージを発したんだと思う。メッセージを発したんじゃなかったとしても、普段どういうことで“支持”を得ているかということが、あの場で出てしまった。ポロっと出てしまったものが、たまたま前に座っていたから登壇者に聞こえてしまった」と、推測した。

司会進行のテレビ朝日の平石直之アナウンサーは、「制度について主張があるなら堂々と言えばいい。なのにヤジを言っておいて、誰が言っているか“はっきりしないまま”になっているのが卑怯な気がする。堂々と言わないんだったら議場であんな風に言わないで下さい」と憤りを見せ、さらに、「過去にLGBTを巡る発言について番組で出演依頼をしても出てこない。今回も出てこない。だったら最初から言わなければいい!おかしいじゃないですか。国家議員ですよ?一般の人に言ってるんじゃなくて、国会の代表質問の途中ですよ!?」と声を荒げた。平石アナのあまりの剣幕に、スタジオがどよめく中、MCでお笑い芸人のふかわりょうは思わず、目の前にあった水を手に取り「これ、焼酎ではないですよね?」とツッコミを入れ、笑いを誘った。平石アナは「水を飲んで頭冷やします」と落ち着きを取り戻し、ふかわは「発する側は無責任に言葉を発している。我々はそれぐらいの憤りを抱いた発言ってことですよね」と、理解を示した。

一方、レギュラーコメンテーターの若新雄純は、「杉田議員のヤジは、『苗字を変えたくないから結婚できないなんておかしくない?』っていう意味だと思う。だったら、初めからするなよっていうのが今回出た本音。社会は個人主義になってきているから、苗字を変えたり、財産を共有する“従来では当たり前だった規制”を、個人は簡単に払えなくなってきている。そういうところに目線がいっていないんだと思う」と、ヤジに至った背景を語った。これに対し、ゲストで出演したお笑いコンビ・インパルスの板倉俊之は、「もう、苗字はカッコイイ方を取るっていうので良い気がするんですよ!」と発言。その理由として「めちゃめちゃ多い苗字だったら、僕も“板倉”になってほしいんですよ、相手に。ただ、相手の苗字が“長曾我部(ちょうそかべ)”とかだったら、俺が“長曾我部”になりたい!」と主張し、スタジオから笑いを誘った。(https://abema.tv/video/title/89-66

■『AbemaPrime』 放送概要
『AbemaPrime』は、“オトナの事情をスルーする”をコンセプトに、テレビよりスマホが気になる若者、普段あまりテレビのニュースを見ない人たちに向けて、彼らが聞きたいことや知りたいことを正面から伝えていく、尖った企画満載のニュース番組。曜日ごとに変わるMCやコメンテーターに加え、個性豊かなゲストも生出演する。

【放送日時 :1月23日(木)夜9時~夜11時  ※生放送】
放送チャンネル:AbemaNewsチャンネル
「Abemaビデオ」URL: https://abema.tv/video/title/89-66
放送日時:毎週月~金曜 夜9時~夜11時
番組公式Twitter :https://twitter.com/Abema_Prime
(C)テレビ朝日


2020/01/26 13:03

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事

最新記事




アクセスランキング