wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
パク・ソジュン、ヒョンビン、カン・ハヌル、ナムグン・ミン、チュ・ジフン、「百想」男子最優秀賞を競う


誰が受賞してもおかしくない。

名前だけ聞いても錚々たる俳優です。トロフィーをかけた熾烈な争いが繰り広げられる予定です。熱を帯びたレースの中、果たして誰がテレビ部門男子最優秀演技賞の主人公になるのかが今から気にななります。

今回の「百想芸術大賞」の最高の醍醐味と言われるほど、放送関係者内外の関心が熱い状況です。これほどまでに激しくなるしかない理由は、候補者5人すべてが最高の作品で信じて見る演技を見せたからです。

舞台の中央で明るく笑う主人公は誰なのかその結果に直面する瞬間が3日後に迫ってきています。


◆「椿の花咲く頃」カン・ハヌル

カン・ハヌルは、軍除隊後の復帰作ですぐにKBS2「椿の花咲く頃」を選択しました。
コン・ヒョジン(トンベク役)に向けた最高に純真な愛を見せた青年ファン・ヨンシクに扮したカン・ハヌルは、たどたどしい口調と不器用だが積極的に自身の心を表現する姿で笑顔を誘いました。
純粋なファン・ヨンシクの愛が視聴者に暖かいエネルギーを伝えてヒーリングを与えました。キャラクターとの違和感はなかったようです。シンクロ率100%だという評価の中で華麗に復帰しました。



◆「ストーブリーグ」ナムグン・ミン

ナムグン・ミンは、昨年立て続けに作品を公開しました。KBS2「ドクタープリズナー」とSBS「ストーブリーグ」の2作品に出演しました。
まず「ドクタープリズナー」では、これまでドラマでは簡単に見ることができなかった「ダークヒーロー」に扮しました。冷静なカリスマはもちろん、善と悪を行き来する自由自在な演技が視線を圧倒しました。
「ストーブリーグ」では180度変化した演技を見せました。すべての感情を制御した「無色無臭」の演技で、ベク・スンス団長の魅力にたっぷり浸らせました。感情を切除した状況でも、瞬間的に場内を圧倒する演技力を繰り広げました。



◆「梨泰院クラス」パク・ソジュン

パク・ソジュンは、主人公としての重荷を克服してJTBC「梨泰院クラス」を成功に導きました。
最大の原動力はシンクロ率だったようです。同名のウェブ漫画から飛び出したようなビジュアルでパク・セロイとひとつになりました。
特に劇中パク・ソジュンが見せた「信念」にあふれた演技は視聴者を引き込みました。信念を守るというパク・セロイの生き方に自分自身も刺激を受けたと明らかにしたパク・ソジュンは、目つきと行動からパク・セロイの信念を表現するためにディテールな部分まで逃さなかったです。



◆「ハイエナ~弁護士たちの生存ゲーム」チュ・ジフン

映画で見せた重々しさを忘れさせるほどのコミカルとロマンスを行き来する演技を繰り広げました。
エリート弁護士のセクシーさと愛の前には弱い未熟な少年の姿が共存する姿が目を引きました。
かなりユニークな雰囲気のドラマだった「ハイエナ」を安定的に完走させました。体当たりの熱演で愉快なエネルギーを発散し、視聴者の支持を得たようです。
Netflixの「キングダム2」でも高い評価を受けました。生死をかけて全身血まみれのままのアクションもものともしない頼もしいまなざしに彼の成長を確認させました。



◆「愛の不時着」ヒョンビン

「ヒョンビンシンドローム」を巻き起こしました。
過去「私の名前はキム・サムスン」、「シークレットガーデン」、「アルハンブラ宮殿の思い出」で定評を得たヒョンビンのラブコメが、tvN「愛の不時着」に出会って再び鮮やかに花を咲かせました。
劇中リ・ジョンヒョクは、無愛想な口調に徹底した軍人精神が宿っているが、ソン・イェジン(ユン・セリ役)に対しては心からの純愛で女心を刺激しました。
多少無理があるような設定を自然に作り上げたのが、まさにヒョンビンの存在感でした。愚直ながらも純粋で、少し陳腐な雰囲気を与えなければならないが、そんな部分を誰よりもうまく生かしました。
北朝鮮に関する内容を扱ったため、下手をすると戯画化したり賛美しているという指摘もあったが、全体的に劇の中心をしっかりつかんで安定させました。


「第56回百想芸術大賞」は、5日午後4時50分からキョンギド(京畿道)イルサン(一山)キンテックス(KINTEX)7ホールで生放送で行われるが、新型コロナウィルス感染症の状況を考慮して観客なしで行われます。


2020/06/02 23:39

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「パク・ソジュン」の関連情報

最新記事


アクセスランキング