wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
【グラビア】俳優コ・ギョンピョ“いつか音楽作業に挑戦したい”


2020年下半期の期待作ドラマ「私生活」で復帰するコ・ギョンピョのグラビアが公開されました。

“隠密な私生活”というコンセプトで進行された今回のグラビアで彼は、ソフトなカリスマと強烈な男性美を完ぺきに表現して撮影現場のスタッフを感嘆させたそうです。

「俳優は個人芸術ではないので、多くの人々の努力と協業が重要です」

俳優として活動する10余年間、ドラマ、映画、コメディ番組まで、ジャンルを問わず多様な活動を広げた俳優コ・ギョンピョは、「時間が流れて、ささいなことにも感謝しなければならないという教訓を得た。 過ぎた道を振り返った時、結局今のコ・ギョンピョが完成されたのは演出して表わす人々の作業が付け加えられたためだ。 僕ができないことに対して常に誰かから助けを受けていると感じる」と、俳優として共同作業する同僚に対する感謝の心を伝えました。

2020年下半期に放送予定のJTBCドラマ「私生活」は、意図せずに国家の私生活に介入することになった詐欺師が、巨人のような大企業と詐欺対決を広げて巨大な“私生活”を明らかにする話で、コ・ギョンピョ、ソヒョン(少女時代)、イ・ハクジュなどの出演で話題を集めています。

ドラマ「私生活」で、大企業のチーム長を詐称して“ジュウン”に接近する謎の詐欺師“ジョンファン”役で演技変身を試みるコ・ギョンピョは、「演技変身をするために軍隊で自らを見つめる時間を持った。 幼い頃見て育った先輩たちの演技ぐらい、インパクトを与えることができないようで残念さが残ったが、この頃は謙虚で感謝した気持ちで多くのことを受け入れようとしている。 僕の役割の最善を尽くせば良い結果を得ることができること」と、作品に臨む所信も明らかにしました。

普段、絵を描くのを楽しむというコ・ギョンピョは「美術を専攻した母の影響で趣味で始めることになった。 まだ特別な実力ではないが、上手い上手いという称賛を受けるので調子にのってずっと描いたようだ」と話し、「絵はメンタルケアに大変良い趣味で、自ら結果を創り出すということが長所だが、主にマンガ『スラムダンク』と90年代のブラックミュージック、H.O.Tの『光』を聞いてテキストが伝達するメッセージからインスピレーションを受ける」と、伝えました。 また、「いつか音楽作業は必ず挑戦したい。 あまり知られていないけれど音楽性が優れた尊敬するアーティストとともに音楽をすることができればとても光栄だ」と、個人の目標も共に明らかにしました。

多才多能さと率直な姿で多様なジャンルで絶えず新しい姿を見せているコ・ギョンピョのグラビアとインタビューは、ファッションマガジン「Singles」7月号と“Singles モバイル”で会ってみることができます。





2020/06/24 09:46

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「コ・ギョンピョ」の関連情報



最新記事
アクセスランキング