wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
桐山漣と清水くるみがフランス人監督が演出した「リアルな幽霊像」や「エロさ」語る

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017のゆうばりチョイス部門にてワールドプレミアを行い、第12回大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門で上映された日仏合作映画『海の底からモナムール』が、遂に日本で公開された。

本作は、エリック・ロメール監督作品の音楽を担当するなど、多岐に渡って活躍するフランスのロナン・ジル監督の長編2作目。溝口健二や増村保造の影響を受け、念願の日本で本作を撮影したジルは、日本のキャストで全編日本語ながら、日本の従来のホラー映画の幽霊とは違う、足があり、セーラー服を着ていて、性欲もある、オリジナリティ溢れるヒロインを描き、ホラーファンもロマンティクなフランス映画ファンも必見の一作となっている。

12月5日に、主演の桐山漣と清水くるみが登壇し、フランス人監督ならではの本作のリアルな幽霊像や、エロさなどについて語った。

本作で清水くるみが演じるミユキは、10年前、イジメに遭い、崖から飛び降り、17歳のままの姿で海底にいるという設定。桐山漣は『貞子』『呪怨-ザ・ファイナル-』で日本2大ホラーに出演したが、日本のホラーに出てくる幽霊とミユキの違いを聞かれ、ミユキの行動は、桐山演じるタクマを好きがために、という感じで、桐山は、「びっくりさせるような演出はあったけれど、『怖がらせにやってきた』という感じはしなかったです」と回想。

清水はミユキを演じるにあたって、「私は幽霊だと思って演じていなかったです。映画を見たら、『あっ幽霊だ』と思いました。リアルな感じの幽霊です。現場でもロナン監督に、『そのまま等身大で演じて』と言われていたので、『ザ・幽霊』という認識はなく、死んでしまって、そこに気持ちが残っているという感じで演じていました」と語った。

ミユキが桐山演じるタクマの彼女の鼻血をストローで吸うというシーンが衝撃的で、同時にエロティックに見えるが、鼻血を吸うという行為に関して、清水は、「最初に台本を読んだ時に、『どういうこと?』って思って、想像がつかなかったです。私が三津谷(葉子)さん(演じるカオリ)の鼻から血を吸うんですけれど、現場では大変な事が多くて、エロいなという感じはなかったですが、映画を観ると、『なんかすごい素敵!』という日本人には表現できないようなエロさがあるシーンだなと思いました」と感想を述べた。桐山も、「なかなかない発想だよね!ストローっていうのもね!」と同意。監督は、17歳で性体験がないまま死んだミユキが、大人のカオリから経験を吸い取るという思いからできたシーンだそう。

桐山は幽霊のミユキに「愛してる」ではなく「愛して」と言われますが、言われる側としては、違いはあるか聞かれ、「『愛して』ってなかなか言われたことはないっていう感じですね。すごくストレートだという印象。普通『あなたを愛してる』と言うけれど、『私を愛して』という表現方法も珍しいな、と新鮮に思いました」と撮影当時の感想を語った。

桐山は、フランス人監督ならではの愛情表現のシーンに戸惑ったそう。ネタバレになるので詳しくは話せないとのことだが、「浜辺で転がります」と観客に意味深なヒントを与えた。

最後に、桐山は、「こうやってたくさんのお客様に集まっていただき、すごく楽しみにしてもらっていたんだなと実感しています。肩の力を抜いて見てもらえると嬉しいです」、清水は、「フランス人によるホラーなんですけれど、解釈としては、ラブストーリーの方に重点を置いて観ていただきたいと思います。」とメッセージを送り、公開記念舞台挨拶は終了した。

<あらすじ>
10年前、イジメに遭い、島の崖から飛び降りた女子高生・ミユキ(清水くるみ)は、「ただ愛されたい」という想いを抱き、17歳のままずっとこの瀬戸内海の浜にいる。
当時、ミユキが想いを寄せていたタクマ(桐山漣)は、同じく島出身のマツ(前野朋哉)に連れられ、それぞれの彼女・カオリ(三津谷葉子)とトモヨ(杉野希妃)と一緒に、卒業後初めて島に戻ることに。
その島では去年、かつて近所に住んでいた同級生のリカが溺れて死んでいた。「あの浜に行くな」と言う忠告を聞かず、浜でキャンプをする4人。夜、浜でミユキを見て、テントに駆け込むタクマ。海で泳いでいたカオリは、誰かに足を引っ張られ、危うく溺れそうに。果たして4人は、無事に帰京できるのか

出演:桐山漣 清水くるみ 三津谷葉子 前野朋哉 杉野希妃
ロナン・ジル監督作品  配給: アルミード
公式サイト:https://uminosoko-movie.com/
(c) Besoin d’Amour Film Partners


2020/12/05 18:46

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事



最新記事
アクセスランキング