wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
【グラビア】俳優ナム・ジュヒョク“映画「ジョゼ」、リメイク作品なので負担と心配が大きかった”


tvNのドラマ「スタートアップ:夢の扉」で胸が熱くなった成長ロマンスを見せた俳優ナム・ジュヒョクが、スター&スタイルマガジン「@star1」2021年1月号のカバーを飾りました。 ナム・ジュヒョクは女心を狙撃する静かでソフトな雰囲気で、代替え不可な魅力を見せました。

ナム・ジュヒョクは最近幕を下ろしたドラマ「スタートアップ:夢の扉」に対して、「いつも笑いがあふれた現場だったので、記憶にたくさん残るようだ」と、所感を伝えました。 「撮影現場の良いケミが、そのまま放送にあらわれたようだ」とし、「同じ年頃の俳優が多かったので、いつも意見も共有してあたたかい雰囲気の中で作品を終えた」と、付け加えました。

“左脳型人間”で、骨のずいまで工大生であるナム・ドサン役を演じたナム・ジュヒョクは、「実際の僕とは正反対」とし、「コミュニケーションと共感が好きな“右脳型人間”」と答えたし「ただし、どうにかしてやり遂げるドサンの勇気にはとても共感した」と話し、躊躇しないで突き進むナム・ドサンキャラクターと本人の似ている点を挙げたりもしました。

今年一年、着実に仕事をしてきて多様な作品で大衆の前に出たナム・ジュヒョクは、Netflixオリジナル「保健教師アン・ウンギョン」の中のホン・インピョに対して「今まで外的な変化を与える機会が多くなかったが、そののどの渇きを解消することができるようにしたキャラクター」と、説明しました。 また「今後もそのような多様な配役をやれる機会がくるように願う」と話し、俳優として着実に新しい姿を見せたい願いを伝えました。

ハン・ジミンと2度目に共演した映画「ジョゼ」(「ジョゼと虎と魚たち」のリメイク作品)に対して、「リメイク作ということで負担感と心配は大きかったが、キム・ジョングァン監督が作る『ジョゼ』はどんな感じなのか気になったし、作品に力になりたかった」と、映画出演に対する契機を伝えました。 原作を超えたい欲があったかという質問には「欲を持ったら何もできなかったでしょう」とし、「作品中にヨンソクというキャラクターをよく溶かし出さないとという思いだけだった」と、付け加えました。

モデルでデビューして俳優としていつのまにか7年目を迎えた彼に、変化と成長の契機を尋ねると、「バスケットをやっていた頃、母がくれたメールのおかげ」と、答えました。 「俳優として新しいスタートをした時も、母のメールをまた見て気を引き締めたし、大変な時は見て頑張る」と、お母さんの愛と応援を成長の原動力だと話しました。






2020/12/11 12:37

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「ナム・ジュヒョク」の関連情報



最新記事
アクセスランキング