wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
独自路線を突き進む芸能一家に生まれの森内寛樹

歌手の森進一と元歌手の森昌子さんの三男でロックバンド「MY FIRST STORY」のボーカル・Hiroが、本名の「森内寛樹」名義で20日にカバーアルバム「Sing;est」を発売し、このほど、一部スポーツ紙のインタビューに応じた。

両親は誰もが知る大物だが、2人いるうちの兄の1人は元NEWS・現ONE OK ROCKのTaka。

2002年12月1日、ジャニーズ事務所に入所。当時、小学3年生の8歳でだったため、最年少のジャニーズJr.で、2005年まで活動していた。2011年8月、ロックバンド「MY FIRST STORY」を結成し、Hiro名義でボーカルとして活動。

昨年11月21日放送のフジテレビ系「~まつもtoなかい~マッチングな夜」では父と親子初共演。父とのトークの他、父の代表曲の「襟裳岬」を披露。あまりに似た声色に「#Hiro」がトレンド入りした。

「インタビューによると、『今作は歌声で勝負したい』と、本名でリリースすることを決定。カラオケに行くと女性の曲を原曲キーで歌うそうで、今作でも選曲にあたって女性ボーカルの曲だけをセレクト。独自色を出すため、自分なりの努力を続けていたようだ」(芸能記者)

アルバムの収録曲はMISIAの「アイノカタチ」、YOASOBIの「夜を駆ける」、一青窈の「ハナミヅキ」、そして、最初に買ったCDだという宇多田ヒカルの「Automatic」など。
アルバムの売り上げも気になるところだが、今後、楽曲をカバーした歌手たちとの共演も期待される。 *画像イメージ


2021/01/25 15:32

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事



最新記事
アクセスランキング