wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
ソ・イングク&パク・ボヨン、ドキドキ同居スタート…「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」


ドラマ「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」で、ソ・イングクとパク・ボヨンが同居を始めました。

17日放送されたtvNの月火ドラマ「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」第3話では、タク・ドンギョン(パク・ボヨン)と、ミョルマン(滅亡)(ソ・イングク)が、ひとつ屋根で暮らすことになった姿が描かれました。

この日、ミョルマンは「同じ時間に自分のように考える人は君しかなかった。 有難いと思ってる。 色々な意味で」と、打ち明けた。 タク・ドンギョンは「ダメだわ。 一緒に住もう」と、提案したし、ミョルマンは「そうしよう」と、快く受け入れました。

以後、タク・ドンギョンは家で洗顔しながら後悔したし、「そこで一緒に住もうという話が何で出てきたの。 取り消そう」と、決心しました。

しかしタク・ドンギョンがドアを開けて出て行くとすぐにミョルマンの家につながったし、ミョルマンは「一緒に住んでもそこには住めない。 ところで何だって。 うわごとを言ったのか?」と言ったし、タク・ドンギョンはミョルマンの家を見て態度が急変しました。

また、ミョルマンは「お前、俺に惚れただろう。 でなければお前、問題があるの。 誰にでも一緒に住もうというのか」と、尋ねました。

タク・ドンギョンは「誰でもじゃないから一緒に住もうといったのよ。 すがってみろって言ったじゃない。 運命だって言ったじゃない。 あなたが後ろを向いて行くのを見て突然そんな気がしたの。 あんなふうに私の知らないうちに消えてしまったらどうしよう?と思って」と、告白しました。

ミョルマンは「そうじゃない」と、釘を刺したし、タク・ドンギョンは「よくしてくれたじゃない。 すぐに消えてしまうように。 よくしてくれる人々は必ず消えてしまう。 私はそうだった。 願いを成し遂げれば私があなたを解いてあげるから」と、約束しました。




2021/05/17 23:05

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「ソ・イングク」の関連情報

「パク・ボヨン」の関連情報



最新記事
アクセスランキング