wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
「SSFF&ASIA2021」齊藤工、勝地涼、松本穂香ら豪華ゲストがアワードセレモニーに登壇!

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)は、2021年6月21日(月)に報道関係者向けのアワードセレモニーを明治神宮会館で開催した。本セレモニーでは日本の映画祭では最多となる計4作品が推薦可能となった、翌年のアカデミー賞につながるオフィシャルコンペティション supported by Sonyおよびノンフィクション部門の優秀賞の発表をはじめ、海外からも注目を浴びる「東京」の魅力を発信するCinematic Tokyo(シネマティックトーキョー)部門や25歳以下の国内在住監督によるU-25プロジェクト、世界中の最先端作品が集結したCGアニメーション部門の各優秀賞など、計14つのアワードの発表・授与をした。

■最高賞「ジョージ・ルーカス アワード」はラファエル・マヌエル監督の『フィリピニャーナ』が受賞!

本映画祭の最高賞である「ジョージ・ルーカス アワード」はラファエル・マヌエル監督の『フィリピニャーナ』の受賞が発表された。グランプリとなった「オフィシャルコンペティション supported by Sony」の優秀賞の他2作品とノンフィクション部門 優秀賞と共に、次年度の米国アカデミー賞短編部門にノミネート選考対象作品となる。
グランプリ発表を経て、別所は「25分という限られた時間で描かれるショートフィルムの作品を、審査員が真剣に選出したこの作品が、アカデミー賞へ繋がっていきます。」とラファエル・マヌエル監督へ賞賛をたたえた。

■セレモニーに華をそえる様々な分野の豪華ゲストが登壇!

感染症対策の一環として関係者のみにて行われた、セレモニー開演前のレッドカーペットには、本映画祭代表の別所哲也とフェスティバルアンバサダーのLiLiCoが登場。またアニメ『ドラえもん』のジャイアン役や映画『キングスマン』の吹替の声を務める木村昂、人気アニメ『はたらく細胞!!』の赤血球の声を務める花澤香菜、人気声優であるお二人が映画祭の初MCとして登場した。セレモニー中の壇上には、バーティカルシアター部門 supported by smash.のプレゼンターとして俳優で映画監督の齊藤工が、今年の映画祭のテーマ“CINEMADventure(シネマドベンチャー)“を彷彿させる冒険心溢れるファッションで登壇。オフィシャルコンペティション審査員には勝地涼、藤真利子、阿部純子、新プロジェクト「DIVOC-12」(ディボック トゥエルブ)には松本穂香、スマートフォン 映画作品部門supported by Sonyには美脚が引き立つミニスカート姿の池田エライザ、CGアニメーション部門には、ご自身で製作された版画がテキスタイルになった黒と白のシックな手作りのドレスを着用した篠原ともえ、HOPPY HAPPY AWARD(ホッピー ハッピー アワード)には、それぞれの作品に主演している筒井真理子、國村隼、ノンフィクション部門には松田美由紀が登壇。他にも、映画監督の河瀨直美監督、小池百合子東京都知事のVTR出演など様々な分野の方々にゲストとして登場した。

■オフィシャルサイト: https://www.shortshorts.org/2021


2021/06/23 10:26

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。


最新記事
アクセスランキング