wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
コン・ユ&パク・ボゴム、相思相愛ぶりを披露♡貴重なオフショットも『SEOBOK/ソボク』メイキング映像解禁

7月16日(金)より新宿バルト9 ほか全国公開されるコン・ユ&パク・ボゴム出演映画『SEOBOK/ソボク』。この度、本作のメイキング映像が解禁され、コン・ユ&パク・ボゴムが共演エピソードで相思相愛ぶりを披露!さらに貴重なオフショットや “ノアの方舟”をイメージした大規模セットの裏側も!

7⽉16日(金)より全国公開されるコン・ユ&パク・ボゴム出演映画『SEOBOK/ソボク』。余命宣告を受けた元情報局エージェント・ギホン(コン・ユ)。死を目前にし明⽇の⽣を渇望する彼に、国家の極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン・ソボク(パク・ボゴム)を護衛する任務が舞い込む。だが、任務早々に襲撃を受け、なんとか逃げ抜くもギホンとソボクは2⼈だけになってしまう。 危機的な状況の中、2⼈は衝突を繰り返すも、徐々に⼼を通わせていく―。しかし、⼈類の救いにも、災いにもなり得るソボクを⼿に⼊れようと、闇の組織の追跡は更に激しくなっていく―。

©2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

死を⽬の前にした元情報局エージェント・ギホンを演じるのは、『新感染 ファイナル・エクスプレス』『82年⽣まれ、キム・ジヨン』など出演作を必ずヒットに導く韓国映画界を代表するスター、コン・ユ。元情報局エージェントとしてよどみないアクションを完璧にこなすと共に、ソボクと出会って変化するギホンの内⾯を繊細に描き出し、トップスターの底⼒を⾒せつけている。
⼈類初のクローン・ソボク役には⻘春スターとして圧倒的な⼈気を誇るパク・ボゴム。⽣まれて初めて実験室から出て、真の世界と出会ったソボクの天真爛漫な表情から⾃⾝を狙う勢⼒に向ける鋭い⽬つきに⾄るまで、刻々と変わるソボクの感情を動物的な感覚で表現し、これまで⾒たことのない強烈な姿を披露している。

『建築学概論』のイ・ヨンジュ監督が9年の時を経てメガホンをとった本作は、本国で2021年最⼤の話題作として注⽬を浴び、初登場NO.1を記録! “死ぬことのない”クローンと“死から逃れられない”男。対極の定めを⽣きる2⼈が、互いのために宿命に抗い、⾏き着くクライマックスに涙が⽌まらない―。

この度、コン・ユとパク・ボゴムのインタビュー映像も収録されたメイキング映像が到着。映像では「これまでにない作品で映像化するのは⼤変だと思いました」と語るコン・ユとパク・ボゴムのインタビューから始まり、”ノアの⽅⾈”をコンセプトに船の中にあるという設定の研究所のセットが⼀から作り上げられる様⼦など、⼤掛かりな撮影の裏側を⾒ることができるメイキング映像が収められている。

また、市場や海でのシーンなど印象的なロケーション撮影の様⼦も収められており、監督は「海は⽣命の源です。ですが同時に死の恐怖を抱かせる場所でもあります。両⾯を再現したかったんです」と本作における海の重要性も明かし、パク・ボゴムに演技指導をする様⼦も映されている。
さらに、コン・ユとパク・ボゴムがインタビューでお互い共演を知った時のことを振り返る瞬間も。パク・ボゴムは「コン・ユ︖(驚いた表情で)みたいな感じ」と、ベテランのトップスターとの共演を知らされた当時の興奮を再現。コン・ユも「最⾼でした。だってパク・ボゴムですよ」と⼈気実⼒ともに兼ね備えた若⼿No. 1俳優のパク・ボゴムとの共演に思わずにっこり笑顔に。

お互いの演技を「ソボクはパク・ボゴムしか考えられません」、「(コン・ユは)すごい表現⼒だなと思いました」と絶賛し相思相愛ぶりを⾒せつけている。繊細な演技をこなすコン・ユに監督も思わず「上⼿だな」と褒める場⾯も。他にも、2⼈が真剣にカメラチェックをする様⼦や笑顔で語り合う様⼦など貴重なオフショットをはじめ、トラックが壁に突っ込む⼤規模な撮影など、本作の⾒どころの⼀つである迫⼒のアクションシーンの舞台裏も覗くことができる。



『SEOBOK/ソボク』
7月16日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

配給:クロックワークス
©2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED


2021/07/06 19:00

この記事が気に入ったら


韓国好きのココロを満たす情報サイト

関連記事



最新記事
アクセスランキング