wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
第57回台湾アカデミー賞で最多5部門受賞!映画『1秒先の彼女』が新宿ピカデリーほか絶賛上映中!

チェン・ユーシュン監督最新作は“時間”をめぐる新たなラブストーリーの傑作との呼び声が高く、すでに2、3回目の鑑賞となるファンが続出!SNSには熱い想いをのせた感想が続々とあがっています。 またこの度、チェン監督とシャオチーを演じたリー・ペイユーから日本の観客に向けたメッセージ動画が到着しました!

チェン・ユーシュン監督最新作『1秒先の彼女』とは?

ストーリー

郵便局で働くシャオチーは、仕事も恋もパッとしないアラサー女子。何をするにもワンテンポ早い彼女は、写真撮影では必ず目をつむってしまい、映画を観て笑うタイミングも人より早い…。
ある日、ハンサムなダンス講師とバレンタインにデートの約束をするも、目覚めるとなぜか翌日に。
バレンタインが消えてしまった…!?
秘密を握るのは、毎日郵便局にやってくる、常にワンテンポ遅いバス運転手のグアタイらしい。消えた“1日”を探すシャオチーがその先に見つけたものとは…。

人よりワンテンポ早い彼女の消えたバレンタインをめぐる物語。...と、ワンテンポ遅い彼のもうひとつの物語。その秘密を紐解いていく先に、誰も見たことのない最高の《奇跡》が待っている。そして訪れる至福のラストに、きっと誰もが笑い、涙する。

©︎MandarinVision Co, Ltd

©︎MandarinVision Co, Ltd

日本の七夕に合わせて、チェン・ユーシュン監督とリー・ペイユーから日本の観客に向けたメッセージ動画が到着!

ワンテンポ早くい彼女の消えたバレンタインデーをめぐる本作。実は、台湾には年2回のバレンタインデーがあり、2月14日よりも、旧暦7月7日(2021年は8月14日)の「七夕情人節(チャイニーズバレンタインデー)」が重要なイベント。主に男性から女性にプレゼントを贈るのが台湾式なのだ。

チェン・ユーシュン監督よりメッセージ

愛すべきはみ出し者たちをユーモアと優しさ溢れる眼差しで描いてきたチェン・ユーシュン監督。その唯一無二の世界観に、寡作ながら日本でも熱狂的な支持を集める監督は、「5作目の長編となる本作が日本で公開されて本当に嬉しいです。もしあなたがいま人生に行き詰っていたら、この映画を観てほしい」とコメント。

リー・ペイユーよりメッセージ

そして、チャーミングな人柄そのままにシャオチーを演じる人気司会者であり俳優のリー・ペイユーは『1秒先の彼女』×イラストレーターmameさんとのコラボグッズのTシャツを着用して登場。「本作が日本で公開されて嬉しい。パンデミックが収束したらみなさんに会いたいです!」とコメントした。

作品情報

監督・脚本:チェン・ユーシュン(『熱帯魚』『ラブ ゴーゴー』)

出演:リウ・グァンティン、リー・ペイユー、ダンカン・チョウ、ヘイ・ジャアジャア

2020年/台湾/カラー/119分/中国語/シネスコ/英題:My Missing Valentine /原題:消失的情人節

配給:ビターズ・エンド

©︎MandarinVision Co, Ltd

©︎MandarinVision Co, Ltd

新宿ピカデリーほか絶賛上映中


2021/07/07 15:03

この記事が気に入ったら


韓国好きのココロを満たす情報サイト

関連記事



最新記事
アクセスランキング