wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
【BSフジ8/16放送スタート】イ・ボヨン主演『花様年華〜君といた季節〜』どんな作品?観るべき?魅力を紹介

多くの方が視聴出来るBSフジにて、8/16放送スタート予定の人気作『花様年華〜君といた季節〜』。韓国にて1年程前に放送された作品が早くもBSで放送されます。観る作品がたくさんで大変!観るべきなの?と思っている方へ、本作のあらすじ・登場人物・見どころを紹介!記事の最後には放送が待ちきれなくなっているかも!?

【BSフジ8/16放送スタート】イ・ボヨン主演『花様年華〜君といた季節〜』どんな作品?観たくなる魅力を紹介

たくさんの作品を多くのツールで観れるようになった昨今、視聴する作品選定は大変ですよね。今回は配信サービスではなく、BSフジでこれから観れる韓国ドラマ『花様年華〜君といた季節〜』について、是非観るべき作品リストに入れて欲しい!と思う気持ちから作品紹介をしたいと思います。【ネタバレはありません!】

https://search.pstatic.net/common/?src=http%3A%2F%2Fimgnews.naver.net%2Fimage%2F311%2F2020%2F05%2F31%2F0001154219_001_20200531110004705.jpg&type=sc960_832

作品への感想は当然賛否両論ですが、少しタイトルの難しい本作について、観てみたいな…どんな作品なのかな…とまずは興味を持っていただけたら幸いです!筆者も本作のファンですし、韓国では”人生で1番いいドラマだった””癒された!”という声が多い人気作です。観るべきか?後回しにすべきか?是非本記事を判断材料の一つにしてみてください。

『花様年華〜君といた季節〜』企画意図

そもそも本作はどの様な意図を持って制作されたのかを紹介します。

https://thumb.mtstarnews.com/06/2020/05/2020052415562633908_1.jpg

そもそも”花様年華”とはどういう意味?

人生で1番美しく、幸せな時間のこと

あなたにとっての花様年華はいつですか?

一生懸命に愛し、葛藤の中に居る現在の主人公たち。
過ぎた輝く20代を思い返す”年老いた青春たち”と、
彼らのように愛し、今から成長してゆく若者たちへ”いま愛するもの、全てが青春だ”と伝えたい。

誰かを愛する今この瞬間があなたにとっての”花様年華”であると…
疲れ傷ついた全てのものへ渡す、ラブレターになれば、と制作された作品です。

https://post-phinf.pstatic.net/MjAyMDAzMTlfMTIg/MDAxNTg0NTg3NzI5MDUy.YWiXPaynpo3dK6MdwLGVITMKAJdbBSJTL56gUKRLe84g.hXfW-TdjRcHkEDRW7NN4Rr0ZDpIiQFopQVaSlhNXj-Qg.JPEG/thumbnail.jpg?type=w1200

本作のソン・ジョンヒョン監督は、「ドラマの本質はやはりメロ(愛物語)ではないかと思う。そのメロをベースに、誰もが持つ辛い記憶に囚われず今こそが”花様年華”というメッセージを作品に溶かし伝えたいと思った。」と語り、その言葉通り多くの視聴者へ”癒し”や”前向きになる勇気”を与えた作品です。

『花様年華〜君といた季節〜』あらすじ

大学時代の初恋、最高に燃え上がった…。しかしある理由で突然通り過ぎ、20年以上の時を経て2人は全く違った姿で運命的再会をする。あの時の思いが蘇るも現実は思い通りにはいかない。立場の変化した2人はどんな選択をするのか…?

『花様年華〜君といた季節〜』登場人物・キャスト

豪華キャストを紹介します!

ハン・ジェヒョン役/ユ・ジテ

ヒョンソングループ会長の婿、チャン・ソギョンの旦那。

http://img.lifestyler.co.kr/uploads/program/2/2112/menu/6/html/f132302787624724180(0).jpg

各所からラブコールの絶えないやり手の企業家。しかし実情はバッサリ解雇をする残酷かつ冷酷な甲乙でいう最強の”甲”。

ユン・ジス役/イ・ボヨン

シングルマザーであり、ピアノ演奏のアルバイトをしている。

http://img.lifestyler.co.kr/uploads/program/2/2112/menu/6/html/f132302809120803804(0).jpg

美しい顔の持ち主であるが、どこか苦労が顔に滲み出ている。よく笑い泣く少女のような面もあり、曲がったことに妥協せず、強く真っ直ぐな性格を持つ。

ハン・ジェヒョン(学生時代)役/ジニョン(GOT7)

ヨンヒ大学法学科 91年、首席で入学した優等生。

http://img.lifestyler.co.kr/uploads/program/2/2112/menu/6/html/f132302791231091765(0).jpg

全学生の憧れの的であり、注目を集める。催涙弾の煙が消えることのなかった時代の中で、冷徹な判断力と信念で学生運動の核心メンバーとして活動していた。

ユン・ジス(学生時代)役/チョン・ソニ

ヨンヒ大学音大ピアノ科93年入学。

http://img.lifestyler.co.kr/uploads/program/2/2112/menu/6/html/f132302811139222370(0).jpg

新入生の中でも目立つ美貌の持ち主。検事長の父と音大卒の母親を持つお金持ちの家の令嬢。外見とは違い、しっかりしており望むものには直進する行動派。

チャン・ソギョン役/パク・シヨン

ヒョンソン流通代表であり、 ハン・ジェヒョンの妻。

http://img.lifestyler.co.kr/uploads/program/2/2112/menu/6/html/f132302797993729662(0).jpg

華やかで爽やかな容姿、誰がみても大切に育てられたお嬢様。融通が効かず利己的な性格に、一度欲しいと思ったものは必ず手に入れる所有欲のある女性。

『花様年華〜君といた季節〜』見どころ3選!

本作ならではの魅力は何!?見どころを3つ紹介します!

『花様年華〜君といた季節〜』見どころ① 2人1役!

幼少期を演じる俳優が物語の前半で出てくることは多くありますが、本作では過去と現在に生きる、同じキャラクターを2人の役者が共有しています。

https://image.fnnews.com/resource/media/image/2020/05/19/202005190818314998_l.jpg

監督自身も珍しいポイントであると挙げており、全く違う俳優が演じるからこそ様々な面を引き出せ、時代背景の違いも浮き彫りになっています。しかし、キャラクター自身が根っ子に持つものは変わらない、信念はどの時代を演じる俳優も一貫しており物語に深みと厚みを与えます。

https://thumb.mtstarnews.com/06/2020/04/2020041715053597670_1.jpg

同じ人物のはずが、違うキャストが演じると全く違う世界が広がる不思議さがあります。唯一監督が心配したのは、 ユ・ジテ(188cm)とジニョン(GOT7)(178cm)の身長差。特にユ・ジテが俳優の中でも長身のため「軍隊に行ってくる間に背が伸びたと思って欲しい」とジニョン(GOT7)が制作発表会で語っていました。

『花様年華〜君といた季節〜』見どころ② 現在と過去が交錯するストーリー

本作では、過去〜現在と時間軸に従い作品が構成されるのではなく、現在と過去が交錯しながら物語が進んで行きます。

http://res.heraldm.com/content/image/2020/06/15/20200615000749_0.jpg

だからこそ2人1役という設定が必要であったとも言えますが、過去、映画ではよくある演出で、ドラマではあまり使われて来ませんでした。視聴者の混乱を招く恐れがあるため憚れていましたが監督はあえてこの構成を採用し、一つの映画を観ているような感覚に陥る演出に成功しました。

http://image.sportsseoul.com/2020/05/09/news/2020050901000516000034741.jpg

毎話毎話、主演パク・ボヨンが「写真集を一枚一枚めくっているようなドラマ」と表現したように、どのシーンも絵になる名シーンが多いです。もちろん言い争いや学生運動が盛んであった時代を扱うため暗く悲しいシーンもありますが、そうしたシーンこそ振り返ると愛らしく、大切にしたい思い出であると思わせてくれる不思議な演出・構成に注目です!

『花様年華〜君といた季節〜』見どころ③ 芸術の大集合!

劇中、登場人物の心の声を代弁するかのように流れるOST。本作ではバラード曲が中心です。昔の曲を主演ユ・ジテがカバーし、素敵な歌声を披露したことでも話題となりました。さらにユン・ジスはピアノ専攻のため、彼らの青春を象徴するような穏やかなピアノやギターの音色も印象的です。また、90年代を表す本や詩も登場し、芸術的センスに富んだ部分でもドラマへ一層の魅力を与えています。

http://image.kmib.co.kr/online_image/2020/0421/611811110014499581_1.jpg

余韻の残る作品で、観終わった後もOSTが頭の中をゆっくり流れます。癒しと、心の安定を与えてくれる優しいナンバーに耳を傾けてみてください。

『花様年華〜君といた季節〜』観て損なしのヒーリングラブストーリー!

いかがでしたでしょうか?

http://res.heraldm.com/content/image/2020/06/15/20200615000750_0.jpg

ここまで観ていただくとわかるように、本作は少し大人な、”年老いた青春”を心の中に熱く持つ30〜50代の方へ特にしっくりくるラブストーリーではないかと思います。ネタバレになってしまうため、作品の内容は紹介できませんでしたが、ジニョン(GOT7)は本作について「心のどこかにあるものがグッと込み上げて、意味なく涙の出る、感情揺さぶるドラマ」であると語っています。

”花様年華”はまさに、いま、ここだ。

と思わせてくれる、明るさと癒し、そして幸せを受け取れる作品です。
是非時間が許すのであれば、BSにてスタート予定の『花様年華〜君といた季節〜』観てくださいね❤︎

BSフジ 2021年8月16日毎週月〜金曜日10:00〜スタート

以上、ERRYがお届けしました!

合わせてチェック!


2021/08/13 18:00

この記事が気に入ったら


韓国好きのココロを満たす情報サイト

関連記事



最新記事
アクセスランキング