wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
Z世代の代表!TOMORROW X TOGETHER メンバープロフィール&出身校のプチ情報

2021年、さらなる飛躍が止まらないK-POP第4世代アイドルの代表格、HYBE(하이브)所属の「TOMORROW X TOGETHER」(투모로우바이투게더)。世界中のZ世代から絶大な支持を得ているメンバー5人のプロフィールを、出身校や韓国の芸術高校のプチ情報とともにご紹介します。

コロナ渦でも止まらない!2021年のTOMORROW X TOGETHER

2021年に入りさらなる勢いで加速を続けるTXT。
今年5月に2ndアルバム『The Chaos Chapter: FREEZE』、続く8月にはリパッケージアルバム『The Chaos Chapter: FIGHT OR ESCAPE』をリリースし、KーPOPグループのリパッケージアルバムとしての初週販売量歴代3位となる初週48万枚の売り上げを記録しました。
※TXTは略称

メンバーは年齢順に⇒
YEONJUN(ヨンジュン)
SOOBIN(スビン)
BEOMGYU(ボムギュ)
TAEHYUN(テヒョン)
HUENINGKAI(ヒュニンカイ)

出身校は自由な校風

①YEONJUN(ヨンジュン)

本名:최연준/チェ・ヨンジュン
生年月日:1999年9月13日
出身地:京畿道 城南市
身長:181.5cm
星座:おとめ座

◆出身校
韓国芸術高等学校を卒業、現在はグローバルサイバー大学 放送芸能学科に在学中

韓国芸術高等学校といえば、事務所の先輩であるBTS(防弾少年団)のジミンとテヒョン(V)も卒業生です。プロテスタントのミッションスクールで、メイクOK、遅刻欠席罰則なし、制服着用は必須ではないなど自由な校風です。ダンス・舞踊・美術・音楽の授業はレベルが高いことで有名ですが、実は基本的には芸能活動が禁止の学校。
こちらは2019年に廃校し、現在は韓国芸術学校となっています。

◆入社のきっかけ
もともとはCUBEエンターテインメントの練習生でしたが、2回スカウトをされてBig Hit(現HYBE)のオーディションを受けて移籍。『BigHit伝説の練習生』の異名をもつほど、練習生時代の4年間に高評価を取り続けました。

◆BTSのテヒョン(V)と似ている
ヨンジュンは2018年のKBS歌謡大祝祭で、BTS(防弾少年団)テヒョン(V)のソロステージでバックダンサーを担当。TXTとBTS両方のファン達から“2人の容姿はよく似ている”と言われるほどで、角度によってはまるで双子のよう?!たしかに三白眼、口角がキュッと上がった口元、顎の細さ、鼻筋など似ていますね。

オーディション秘話☆連絡先誤記入のトラブル発生!

②SOOBIN(スビン)

本名:최수빈/チェ・スビン
生年月日:2000年12月5日
出身地:京畿道 安山市
身長:186cm
星座:いて座

◆出身校
安山高等学校を卒業、現在はグローバルサイバー大学 放送芸能学科に在学中。
高校2年生で中退後「高校卒業検定試験」に見事合格し、大学進学を勝ち取った努力家さん。

◆入社のきっかけ
中学3年生の12月にオーディションに応募するも、事務所からは全く音沙汰がなく、なぜか高校1年生の2月に1次審査の合格通知が来たという驚きのエピソードが。なんと通知が遅れた理由はスビンの電話番号書き間違え。事務所は2ヶ月間もスビンの連絡先を探し回ったという。
BigHitに応募した理由は、大好きなBTS先輩がいるから。初のオーディション挑戦で、しかも憧れの先輩が所属している事務所に合格するほど、体中から熱意が溢れていたのでしょうね。

◆グループ1の高身長
とにかく身長が高いスビン。
事務所の先輩 BTSのメンバーたちと記念撮影をした際には、BTSの高身長メンバーであるジンやRMよりも高いと判明!スビンとヒュニンカイがブーツを履いているのを見て、BTSのRMがちょっと拗ねながら「僕もチェルシーブーツ履きます」と冗談を言ったほど。

BigHitに入ってもスカウトされ続けた

③BEOMGYU(ボムギュ)

本名:최범규/チェ・ボムギュ
生年月日:2001年3月13日
出身地:大邱 広域市
身長:180cm
星座:うお座

◆出身校
翰林演芸芸術高等学校 実用舞踊科を卒業。活動に専念するため大学進学はせず。TXTのメンバー3人ボギュム・テヒョン・ヒュニンカイは2021年2月に同校を卒業しました。
※翰林は(한림/ハルリム)

◇母校が廃校の危機?!

現在、翰林演芸芸術高等学校は法令に基づき、新入生募集を行っていません。というのも2007年に「生涯教育法」が改正され、個人による「学歴認定生涯教育施設」を運営できなくなったからです。2020年に同校の創立者が亡くなられたことで、改正後の法令が適用されたため学校存続危機の状況です。ただ、2021年4月に「公益財団法人設立計画」をソウル市 教育庁に提出済みと報道が出ましたので、あとは申請が通るのを待つばかり。

学校存続のためには廃校通知から2年以内の法人化手続き完了が必要となります。学校側は既存の各コースを継続したい意向のようですね。多くのK-POPアイドルを輩出してきた学校だけに注目が集まっています。

◆入社のきっかけ
2019年のファンミーティングでは、出身地 大邱(テグ)でBigHitにスカウトされたことが入社のきっかけだと明かしました。学校の試験期間中だったため、一度オーディションを断ったが、熱心な社員があらためてボギュムのために審査するスケジュールを調整してくれたという。

韓国は厳しい学歴社会なので、学生は1つの試験を落とすことが大きな痛手となります。ボギュムはきっと泣く泣くスカウトを断ったのでしょう・・・・・それでもBigHitの社員が諦められなかったのは、確実に光るものがあったからではないでしょうか。その証拠に、入社後も他の事務所からたびたびスカウトされてしまうほど、引く手あまたの美貌と才能の持ち主です。

美声の持ち主は天才タイプ☆

④TAEHYUN(テヒョン)

本名:강태현/カン・テヒョン
生年月日:2002年2月5日
出身地:ソウル特別市 江南区
身長:177cm
星座:みずがめ座

◆出身校
翰林演芸芸術高等学校 実用音楽科を卒業。活動に専念するため大学進学はせず。
※翰林は(한림/ハルリム)

◆入社のきっかけ
キッズモデルや子役としての活動歴をもつテヒョン。彼もまた、数多くの事務所からスカウトされていて、その数はなんと20社に上ります。BigHitのスカウトもその中の1社でしたが、自分の力を最大限に発揮でき、また大好きなBTSのジョングクが所属する会社という点が決め手となったようです。

オーディションではキム・ジェジュンの『지켜줄게(チキョジュルケ/守ってあげる)』(2011年韓国SBSテレビ ドラマ「ボスを守れ」OST)を歌唱。この曲は心の琴線に触れる、包み込むような温かいメロディーと歌詞が特徴。美しいテヒョンの歌声にとてもマッチしそうですね。

キム・ジェジュン『지켜줄게(チキョジュルケ/守ってあげる)』日本語Ver.

◆英語の実力
ご両親どちらかが海外の方なのかな?と思うほど、ハーフのような魅力的なビジュアルをもつテヒョン。実際はご両親ともに韓国人というから驚きです。

子役時代に英語教育の教材ビデオ出演したり、幼少期からしっかり英語の勉強に取り組んでいたのだとか。さらに高校の期末テストでは日本語クラス1位の成績を修めるなど、日本語力まで持ち合わせる頭脳明晰なメンバーです。昨年8月のV LIVEで期末テストの話をしていますが、本人は“意図していなかった結果”と話しているので、もしかしたら勉強が苦にならない天才タイプなのかも。

TXTの語学担当 ビジュアル抜群のマンネ

⑤HUENINGKAI(ヒュニンカイ)

本名:Kai Kamal Huening/カイ・カマル・ヒュニン
生年月日:2002年8月14日
出身地:アメリカ合衆国 ハワイ州 ホノルル
身長:183cm
星座:しし座

◆出身校
リアラート高等学校 映像音楽コンテンツ科から、翰林演芸芸術高等学校へ編入学。同校の実用舞踏科を卒業。活動に専念するため大学進学はせず。
※翰林は(한림/ハルリム)

最初に通っていた「リラアート高等学校」は国からの学費支援があるため授業料不要です。給食・制服・教材費等は自己負担。芸術学校のなかでもとりわけ競争率が高いことで有名で、選考では内申が重要視されます。

ちなみに物価が日本とほぼ変わらなくなった現在では、韓国の制服は日本より若干安価です。さらにソウル市では2021年度から様々な支援を開始していて、中学校・高等学校の新入生に「入学準備金」30万ウォンの給付や、小中高では学校給食が無償化になるなどの取り組みをしています。こういった流れが全国にも広がっているようです。

◆入社のきっかけ
芸能事務所Aのオーディションを受けるも不合格となったが、BigHitに転職したAの元社員から連絡をもらったことがきっかけ。
※Aは仮称

◆海外生活で得た語学力
父親はドイツ系アメリカ人、母親は韓国人。父親が中国を拠点に音楽や俳優活動をしていた関係で、長いこと中国に住んでいました。そのため、なかなか韓国文化に馴染めなかったり、韓国語が追いつかない時もあり、そんな時はメンバーがすぐに来て励ましてくれたという。練習生時代、よく泣いていたヒュニンカイをスビンがいつも抱きしめていたというエピソードも。

ご両親のルーツや長い海外生活のなかで得た英語、中国語、韓国語、ポルトガル語などの語学力はグループにとって強みですね。またヒュニンカイは韓国籍ではないため、兵役の義務はありません。

まとめ

今回はTOMORROW X TOGETHERのプロフィールをメンバーの出身校や、韓国の芸術高校の情報を交えながらご紹介しました。

近年、日本から韓国の高校への留学を希望する方が増加傾向にあります。また芸術高校への進学はKーPOPアイドルを夢みる学生にとって、エンターテイメントの世界に入るために必要となる本格的な歌・ダンス等に比重を置いた授業を受けられる貴重な経験となるはずです。韓国の芸術高校への留学プログラムもいくつかありますので、興味のある方は探してみてはいかがでしょうか。

TXTの5人も学校で学んだ基礎を土台として事務所のレッスンにも励み、無事デビューすることができました。TOMORROW X TOGETHERのさらなる活躍から目が離せません♡


2021/08/29 20:57

この記事が気に入ったら


韓国好きのココロを満たす情報サイト

関連記事



最新記事
アクセスランキング