wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
「恋です!」主題歌を歌うJUJUが赤座家を訪問!ユキコ、イズミ、誠二も大喜び!

勝ち気だけど恋に臆病な盲学校生ユキコ(杉咲花)と、喧嘩早いけど根はまっすぐなヤンキー森生(杉野遥亮)、運命の出会いをした2人の恋の行方を描く水曜ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」。

このほど主題歌「こたえあわせ」を歌うJUJUが、ドラマの撮影スタジオを訪問した。JUJUが現れたのは、ユキコ、姉のイズミ(奈緒)、父の誠二(岸谷五朗)が揃う赤座家のセット。撮影終了後に「お邪魔します!」という声とともにJUJUが登場すると、3人は「いらっしゃいませ!」(杉咲)、「赤座家へようこそ!」(岸谷)と大歓迎した。JUJUはプレゼントとして、ドラマの出演者やシーン、点字ブロックや赤いハイヒールなど象徴的なアイテムをかたどった、特製のアイシングクッキーを持参。これにも3人は興味津々で大喜びとなった。

(C)NTV

主演の杉咲は「家にいる時や撮影の前に、JUJUさんの主題歌を聞かせていただいていつもパワーをいただいています」と感激の面持ち。奈緒は「撮影している時にも監督が『ここは主題歌だな』って言ってくださるんですよ。ここで曲がかかってるんだって思うと、私たちもキュッと身が引き締まります」と撮影時のエピソードを語り、岸谷は「それだけドラマと曲がひとつになっているってことだよね。クランクアップしてもJUJUさんの曲が流れたら役に戻っちゃう時がありそう(笑)。主題歌の力はすごいなと思います」と語った。

そんなドラマを彩る主題歌「こたえあわせ」に乗せた「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」の名場面集が、本日よる6時より、日テレドラマ公式YouTubeにて公開決定!

そして、水曜ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第9話は、12月8日(水)よる10時放送!

<JUJUコメント>
ずっとドラマで見ていた赤座家にお邪魔することができて、とても光栄です!!
ツアーの中で、主題歌の「こたえあわせ」を歌う前に、いかに「恋です!」が素晴らしいかという話をしております。こんなにも確実にキュンとして、泣けて、笑えて、あったかくなって、学びがあってっていうドラマが、今までの人生であったでしょうか!って熱弁をふるっているんです(笑)。
いつも主題歌で携わらせていただくと、ドラマを見ていて自分の声がラストで流れた瞬間に素に戻ってしまうことがあるのですが、今回はそれが無くて! 驚きました。 
ドラマが終わってほしくないなってみんなで話しているんです。私は時代劇が好きなのですが、この「恋です!」も時代劇のように41話くらいまで続いてくれたらいいのにって、妄想しています(笑)。

<第9話(12月8日放送)あらすじ>
森生(杉野遥亮)から、白杖を持った若者が駅のホームから転落した、という連絡を受けたユキコ(杉咲花)と空(田辺桃子)。ホームドアのない駅のホームは、視覚障害者にとっては『欄干のない橋』と同じ。その日、体験学習に向かうために駅に居た青野(細田佳央太)の身を心配したユキコたちは、慌てて病院に駆けつける!しかし、病院でベッドに寝かされていたのは、青野ではなく、なぜか森生で……!?
翌日。ユキコは退院する森生に付き添うため、お弁当を用意して森生のもとへ。娘が初めて彼氏の家に上がることに神経をとがらせる誠二(岸谷五朗)の一方、イズミ(奈緒)は妹の恋を応援する。しかし、松葉杖をついた森生と白杖をついたユキコは、いつものように歩調を合わせることができず……。さらに、散らかった森生の部屋で、怪我をした森生の力になれないことに、ユキコは人知れず自信をなくしてしまう。
1週間後。ユキコの元に、就職支援をしていた緋山(小関裕太)から連絡が入る。それは、希望していた飲食関係の会社がユキコに興味を示しているという連絡!その日、森生の快気祝いに茜の店でサプライズを準備していたユキコは、嬉しい気持ちで森生を待つが……。
そんな中、森生には、獅子王(鈴木伸之)を通じて正社員になるチャンスが訪れる。しかし、赴任先はなんと鹿児島だと告げられて……!
ユキコと森生、2人の前に拓ける別々の道。森生の人生を邪魔したくないと思うユキコと、ユキコの人生をサポートする緋山の存在を前に自信をなくす森生。決断を迫られた2人が選ぶ道とは……!?

<番組情報>
水曜ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」
毎週水曜よる10時 放送
原作:うおやま「ヤンキー君と白杖ガール」(KADOKAWA)
(C)NTV


2021/12/05 06:00

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事



最新記事
アクセスランキング